夏の入浴

こんにちは☆Hog-meです!

入浴には冷えた身体を温め、血行を促し代謝を高めてくれる効果があります。
ただお湯につかるだけでも身体は温まりますが、冷え性対策のためにはお風呂の入り方にもポイントがあります☆

1 ぬるめのお湯にゆっくり浸かり、身体を芯まで温める

 身体を芯まで温めるには、38~40℃くらいのぬるめのお湯に15分~20分、
全身ゆったりとつかるのが理想です。
熱めのお湯の方がいいのでは?と思う人もいるかもしれませんが、急に身体が熱くなると体温を下げようとする機能が働き湯冷めしてしまう場合があります。

2 入浴剤を活用して冷えを和らげる

 入浴剤を使って入浴することによって温浴効果が高まります。
中でも無機塩類系と炭酸ガス系の入浴剤が冷え性の緩和におすすめです!
無機塩類系の入浴剤は皮膚の表面のたんぱく質と結びついてベール(保護膜)をつくるので、熱が逃げづらく身体の芯まで温まります。
炭酸ガス系の入浴剤は、お湯に溶けた炭酸ガスが皮膚から吸収されて、血管が広がります。すると血行が良くなり、温まった血液が身体の表面の熱を全身へと運ぶので、身体の芯まで温めます。

血流がアップする事で、老廃物や疲労物質を排泄しやすくもなりますよ(*^-^*)

日中のエアコンにより冷えてしまった身体は、是非寝る前の入浴で温めてください!

入浴剤の香りでリラックスして、一日の疲れをとりましょう(^^)